体が鉛のように重い時のスピリチュアルの意味とは?心のサインかも!

体が鉛のように重い時のスピリチュアルの意味とは?心のサインかも!

 

「最近、体が鉛のように重い…。何かのサインなのかな?」

 

理由もないのに体がダル重く、何もやる気がおきないと感じた時はありませんか?

 

  • 体が重いのは何か意味があるの?
  • ずっとやる気が起きないままなのかな?
  • 体が重いときはどうやって治せばいいの?

 

体の重さがとれないとき、このように気になることは沢山あるのではないでしょうか?

体が重いと日々の生活が楽しくなくなってしまうので、出来るだけ早く解決したいですよね。

 

そこで今回は、体が鉛のように重い時の意味や癒し方について、スピリチュアルな観点から詳しくご紹介していきます。

不調時の心のサインやその理由、そして解決法まで具体的に解説していきますので、是非自分がピンとくるものを取り入れてみてくださいね!

 

体が鉛のように重い!スピリチュアルが教えてくれる心のサインとは?

体が鉛のように重い時のスピリチュアルの意味とは?心のサインかも!

 

病院に行っても体の鉛のような重さが解決しない場合、もう原因は分からないし治らないの?

結論から言うと、体の重さはスピリチュアルな観点から原因が分かることもあるのです。

 

体の病気ではない場合、心がSOSのサインを出している場合があります。

まずは、その心のサインを見つけることから始めてみましょう!

 

魂の声と行動にズレがある!心が何かに縛られている

 

一般的な常識や思考に囚われ、自分の望むこととは違う方向に行動してしまっているときには、体がだるいという症状が出現することがあります。

別のことに突き進もうとしていることに対して、「それは間違いだ」というスピリチュアルなサインが出ているのです。

 

そんな時は、魂の声に耳を傾けてみましょう。

自分が本当にやりたいこと、心から幸せだと思えること、信じてやり遂げたいことなど…。

 

世間の常識から離れて、自分の直感でそれらを考えてみます。

そして、その魂の声に従って行動し始めるのです。

 

すぐには無理でも、自分の気持ちに従って少しずつ行動するように心がけていけば、おのずと体の重さが減っていき、のびのびとした気持ちの良い日々が送れることでしょう。

 

大きな変化が訪れる予兆!転換期に備えて体が休息を望んでいる

 

体がだるかったり眠気が襲ってきて何もやる気が起きないというのは、日常生活を送る上で、とても困ってしまう現象ですよね。

そんな時には、やる気のない自分を責めてしまうこともあるでしょう。

 

でも、だるさや眠気は、「今はゆっくりと過ごす時期」だということを教えてくれているスピリチュアルなサインの可能性も。

普段何気なく日々を過ごしている私たちですが、近い将来、大きな気の流れの変化が訪れ、それに適応していかなくてはならない転換期を迎える前は、自然とエネルギーを蓄えようとすることもあります。

 

だるさや眠気をネガティブに捉えるのではなく、「きっと今は休んで良い時期なんだ」と自分を労り、十分な休息をとることにより、次のステップに備えるようにしましょう!

 

体が浄化されている!今は休むタイミングだと教えてくれている

 

私たちが日常生活を営む上においては、仕事・お金・人間関係・健康問題など様々なストレスを抱えて生きています。

また、「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」という焦りの気持ちが、知らず知らずのうちに自分を追い込んでいることも。

 

そんな生活を送る中で、突然、体の鉛のような重さを感じてしまうこともありますよね。

スピリチュアルな視点から言うと、その体の重さは「溜まったストレスの浄化」のサイン。

 

そんなサインを感じた時は、「今私は、ストレスを浄化しているところなんだな」と素直に受け止め、焦りのストレスから自分を解き放ってあげることが大切です。

 

人生の目標を見失い魂の波動が停滞している!幸福感が不足している

 

何か自分の目標に向かって前に進んでいる人は、イキイキとして魅力的に映るものですよね。

その反面、体が重く感じるときというのは、自分が目指すべき目標を見失ってしまっている時なのかもしれません。

 

もしくは、目標に向かっていないことが原因で、エネルギーが停滞してしまったり行き場を失っている可能性もあります。

そんな時に、「本当は自分の魂が喜ぶことをしたい」というスピリチュアルなサインが、体の重さとして現れている可能性があります。

 

もし、体の重さを感じることがあったら、自分が本当にやりたいことを思い出して、目標の立て直しを行ってみるようにしましょう!

 

体が鉛のように重い時のスピリチュアル的な癒し方は?魂を喜ばせる!

体が鉛のように重い時のスピリチュアルの意味とは?心のサインかも!

 

体が鉛のように重い時はスピリチュアルなサインが見られることが分かりましたが、そういう場合に、自分を癒す方法がいくつかあります。

その方法について、見ていくことにしましょう。

 

自分の心が喜ぶものに触れる!魂の波動を上げて心身を整える

 

仕事や家事などの日々の生活に追われていると、自分の楽しみにかけられる時間が意外と少ないことに気づきます。

それどころか、嫌なことに触れたり、マイナス思考になったりと、自分を追い詰めてばかりのことも…。

 

体が重く感じた時は、自分の魂が喜ぶことをしてみましょう。

趣味などの大それたものでなくて構いません。

 

自分がやっていて楽しいこと、嬉しいことに時間を割き、自分を大事にするのです。

そうすることにより、魂の波動が上がり、ストレスや体の重さから少しずつ解放されていくことでしょう。

 

無理に人に会わない!他人からエネルギーを吸い取られないようにする

 

ストレスというものには様々な種類がありますが、仕事上でも友人付き合いにおいても、人間関係のストレスというものはかなりのウェイトを占めています。

相手に気を遣って自分の言いたいことを言えなかったり、聞きたくもない人の悪口を延々と聞かされたり。

 

そんな状態は、気付かないうちに大きなストレスとなり体の重さへと繋がっていきます。

人間関係から受け取るエネルギーというものはそれほど影響が大きいのです。

 

ですから、体の重さを感じた時は、無理に人に会うのはやめてみませんか?

まずは、自分の波動や魂を整え、人からのエネルギーに影響されづらい状態に仕上げていくように心がけてみましょう!

 

五感で体の声に耳を傾ける!食事、睡眠、運動、入浴など自分を満たす

 

テレビやインターネットなど、数多くの情報に溢れている現代社会。

私たちの頭の中は常に何かを考えざる負えない状態になっていて、気付いたらクタクタになってしまっていることはありませんか?

 

こんな時代だからこそ、感覚を外ではなく自分の内側に向けることが大切です。

美味しいものを食べる、たっぷりの睡眠をとる、散歩をする、温泉に入るなどして、体からのサインを五感で捉え、自分で自分を癒すようにする時間を設けてみましょう!

 

まとめ

体が鉛のように重い時のスピリチュアルの意味とは?心のサインかも!

 

体が鉛のように重くなることについては、スピリチュアルな観点から原因が分かり、スピリチュアルな観点から癒すことができる可能性があります。

自分の魂の声を聴いて、自分のやりたいことをやるというのは、一見シンプルではありますが何よりも大切なことです。

 

自分を癒すことができるのは自分しかいません。

いつも頑張っている自分を労わって、エネルギーを整えることにより、体の不調から解放されるようにしていきたいものですね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。